ソフトウェア・サプライチェーン攻撃の検知

オープン・ソースやサードパーティのソフトウェアの使用によって組織のリスクが高まる クラウド・デプロイメントにおける「コードとしてのインフラストラクチャ」への移行は、サプライチェーン攻撃のリスクを高めます。オープン・ソースやサードパーティのソフトウェアを使用してクラウド・ワークロードの構築やデプロイを行った場合、「不変」であるはずのインフラストラクチャに重大な脆弱性がもたらされる可能性があります。

With ExtraHop Reveal(x)

未知の通信や予期せぬ通信の検知

Reveal(x) 360は、運用ワークロードが、本来は更新の取得を行わないときに更新を取得していないか検知し、未知の通信や予期せぬ通信を調べます。これは、防御を逃れる高度な サプライ・チェーン攻撃を検知するのに役立ちます。

Get Answers to the Tough Questions

クラウド内のワークロードやコンテナ・デプロイメントをどのように監視し、保護していますか。

Reveal(x) 360は、クラウド・ワークロードにおけるアップストリームの予期せぬ依存関係に関するリアルタイムの可視性を提供します。

クラウド内のワークロードやコンテナ・デプロイメントをどのように監視し、保護していますか。

Reveal(x) 360は、クラウド・ワークロードにおけるアップストリームの予期せぬ依存関係に関するリアルタイムの可視性を提供します。

運用ワークロードは自己の更新を取得していますか。

Reveal(x) 360は、クラウドの運用ワークロードに対する異常または不審なアップロードや更新が行われていないか監視し、検出時にアラートを送信します。

運用ワークロードは自己の更新を取得していますか。

Reveal(x) 360は、クラウドの運用ワークロードに対する異常または不審なアップロードや更新が行われていないか監視し、検出時にアラートを送信します。

運用環境に取り込まれるこのような新たな依存関係が安全なものであることを保証するプロセスは装備されていますか。

更新は新たな依存関係や脆弱性をもたらす可能性があります。Reveal(x) 360はワークロードと外部エンティティとの間の不審な通信や悪意のある通信を検知します。

運用環境に取り込まれるこのような新たな依存関係が安全なものであることを保証するプロセスは装備されていますか。

更新は新たな依存関係や脆弱性をもたらす可能性があります。Reveal(x) 360はワークロードと外部エンティティとの間の不審な通信や悪意のある通信を検知します。

Quote Icon

ExtraHop Reveal(x)の真の価値は、エンジニアに時間が還元されることです。つまり、エンジニアは、プロジェクトや戦略的イニシアティブに、そして何よりもイノベーションに集中できるということです。

Diane Brown氏
最高情報セキュリティ責任者, Ulta Beauty