クラウド・フォレンジックによるMTTRの短縮

ログ・ツールやSIEMツールは真の脅威への対応を遅らせる可能性がある クラウド・サービス・プロバイダ(CSP)のログやフロー・データにはコンテキストが不足しており、無益なアラートやデータが生成されるため、長時間のトリアージやワークフローが必要になり、アナリストの負担が増大します。その結果、クラウド・セキュリティ・チームは膨大な数のアラートに圧倒され、個々の検知の優先順位付けと調査を迅速に行えなくなっています。

With ExtraHop Reveal(x)

クラウド・インシデントの範囲の迅速な特定

Reveal(x) 360により、クラウドの資産情報、ネットワーク・メタデータ、フォレンジック・エビデンスを自動的に収集し、整理できる統合ツールが確保されます。この機能によって、アナリストによるクラウド・インシデントの範囲の迅速かつ正確な特定、適切な対応策の適用、内部評価の実施が容易化され、また規制レポート作成の負担が軽減されます。過去90日間の完全なレコードを参照できるため、フォレンジック・チームは、必要とするデータを確保してAPT(持続的標的型攻撃)やIOC(侵害の痕跡)のハンティングを効率的に行えます。

Get Answers to the Tough Questions

クラウドネイティブなツールが、アラート疲れをもたらし、MTTRを増加させていませんか。

Reveal(x) 360では、範囲決定とインシデント対応の重労働を直感的なワークフローで処理できるため、クラウド・セキュリティ・アナリストの疲労が緩和され、MTTRが短縮されます。

クラウドネイティブなツールが、アラート疲れをもたらし、MTTRを増加させていませんか。

Reveal(x) 360では、範囲決定とインシデント対応の重労働を直感的なワークフローで処理できるため、クラウド・セキュリティ・アナリストの疲労が緩和され、MTTRが短縮されます。

既存のセキュリティ・ツールは、コンテキストの提供と、ばらばらなクラウド・セキュリティ・イベントの関連付けの機能を備えていますか。

Reveal(x) 360は、クラウドの資産情報、履歴メタデータ、フォレンジック詳細を相関させ、クラウドの真の脅威を明らかにするために必要な適切なコンテキストを提供します。

既存のセキュリティ・ツールは、コンテキストの提供と、ばらばらなクラウド・セキュリティ・イベントの関連付けの機能を備えていますか。

Reveal(x) 360は、クラウドの資産情報、履歴メタデータ、フォレンジック詳細を相関させ、クラウドの真の脅威を明らかにするために必要な適切なコンテキストを提供します。

これらの情報を収集するために、ツールをいくつ使用していますか。

Reveal(x) 360は、きわめて直感的に操作できる統合インターフェイスを通じて、ハイブリッドやマルチクラウドの環境全体にわたってエージェントレスでリアルタイムの脅威の検知と対応ができる機能を提供します。

これらの情報を収集するために、ツールをいくつ使用していますか。

Reveal(x) 360は、きわめて直感的に操作できる統合インターフェイスを通じて、ハイブリッドやマルチクラウドの環境全体にわたってエージェントレスでリアルタイムの脅威の検知と対応ができる機能を提供します。

Quote Icon

以前使っていたソリューションはアラートを多数生成していましたが、こうしたアラートは、処理を行う人間にとってはあまり役に立ちません。真のセキュリティ・ヒットだったのかどうか判別するには、全体的なやりとりをさかのぼって参照し、実際に起こったことを確認する必要があります。

ネットワーク侵入検知・防御担当VP
金融サービス