クラウド・コンテナ・セキュリティ

コンテナ化された環境の防御

コンテナを保護するためには、継続的な監視機能、AI駆動の分析機能、そして脅威を発生時に検知し、対応する機能が必要です。ExtraHop Reveal(x) 360を使用すれば、コンテナ化されたすべての環境のセキュリティを統合し、セキュアなWebインターフェイスを介してどこからでもアクセスできる単一の画面で管理できます。

Data Flower Graphic

ExtraHop Reveal(x) 360

小さなツール・フットプリントで全方位をカバー

Reveal(x) 360は、Amazon ECS、Amazon EKS、Google Kubernetes Engine、Azure AKS、Docker、OpenShift、Nomadなど、さまざまなコンテナやサービスに対する、クラウド規模の可視性と、高度な脅威の検知およびインテリジェントな対応機能を提供します。Reveal(x) 360クラウド・セキュリティ・ソリューションは、多様なデプロイ・オプションを備え、最小のツール・フットプリントで最大の範囲に対応します。

Get Answers to the Tough Questions

一時的なコンテナ化環境の可視性はどのように維持されますか。

Reveal(x) 360は、マイクロサービスやそのポッドやコンテナがネットワーク上で通信を開始するとすぐにそれらを検出し、サービス呼び出しなどのそれらの通信内容に基づいて依存関係をマッピングします。

一時的なコンテナ化環境の可視性はどのように維持されますか。

Reveal(x) 360は、マイクロサービスやそのポッドやコンテナがネットワーク上で通信を開始するとすぐにそれらを検出し、サービス呼び出しなどのそれらの通信内容に基づいて依存関係をマッピングします。

コンテナが攻撃によって侵害されているかどうかをどのように特定しますか。

Reveal(x) 360は、ネットワーク・トラフィックを分析して、サービスが異常な、または悪意のある行動をしているかどうか判定します。タイムスタンプ付きのアクティビティ・マップ

コンテナが攻撃によって侵害されているかどうかをどのように特定しますか。

Reveal(x) 360は、ネットワーク・トラフィックを分析して、サービスが異常な、または悪意のある行動をしているかどうか判定します。タイムスタンプ付きのアクティビティ・マップ

コンテナ化されたサービス内の脅威の特定と対応をどのくらい迅速に行えますか。

Reveal(x) 360は、機械学習とルールの組み合わせにより、全方位の検知に対応します。継続的なPCAP、クラウドホスト型のレコード・ストア、直感的なワークフローを使用して、数回のクリックで検知からフォレンジックの証拠まで進むことができます。

コンテナ化されたサービス内の脅威の特定と対応をどのくらい迅速に行えますか。

Reveal(x) 360は、機械学習とルールの組み合わせにより、全方位の検知に対応します。継続的なPCAP、クラウドホスト型のレコード・ストア、直感的なワークフローを使用して、数回のクリックで検知からフォレンジックの証拠まで進むことができます。

Quote Icon

(ExtraHopでは)一度に何十万ものサーバを起動するKubernetesクラスタがある場合、クラスタ自体でリスクや脆弱性が特定され、表示されます。

Dan McDaniel氏
チーフ・アーキテクト兼最高情報セキュリティ責任者, Wizards of the Coast社