クラウド・ネイティブ・セキュリティ

ハイブリッド・セキュリティ


ハイブリッド企業向けのクラウドネイティブな脅威検知と対応

ハイブリッド環境の確実な保護

クラウド・インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス(IaaS)は、スケーラビリティ、柔軟性、高パフォーマンスなインフラストラクチャを約束し、大きなメリットを提供しますが、ハイブリッド企業のセキュリティ確保は、従来のツールやワークフローが対応できるように設計されているものよりもはるかに複雑です。SANS Instituteの2019年クラウド・セキュリティ調査では、回答者の50%以上が、設定ミスやセキュリティ・プロセスをクラウドに適応させることができないことが原因で、大きなセキュリティ上の懸念を認識していることが明らかになりました。

矛盾するデータセット、可視性のギャップ、煩雑なワークフローを、セキュリティ運用のためのクラウドネイティブなアプローチに置き換える時が来ています。これらの違いに対処することなくオンプレミスのソリューションをクラウドに拡張する従来のセキュリティプロバイダとは異なり、ExtraHop Reveal(x) 360はAWS、Google Cloud、およびAzureとネイティブに統合し、ハイブリッド企業にSaaSベースの可視性、脅威検知、およびインテリジェントな対応を提供します。

完全な可視化


Reveal(x) 360 は、リアルタイムに詳細な可視性を提供します。ハイブリッドインフラストラクチャ全体の資産の自動検出、分類、マッピングにより、Reveal(x) 360は、セキュリティチームがオンプレミス、クラウド、マルチクラウド環境を保護するのに役立ちます。サービスとして提供される Reveal(x) 360 は、リソースの使用に優先順位をつけるための単一のビューを提供します。

リアルタイム検知


Reveal(x) 360 は、完全な SSL/TLS 復号化と機械学習を利用した検知により、セキュリティアナリストがハイブリッド環境やマルチクラウド環境にまたがる複雑な脅威を認識できるようにします。Reveal(x) 360は、不正なインスタンス、不審なファイル実行、無効化されたログシステムなどの脅威を検知し、設定ミス、不正アクセス、安全でないAPIを示す動作を識別します。

インテリジェント・レスポンス


Reveal(x) 360 は、ハイブリッド環境でのインシデント対応に向けて、セキュリティチームが特別なアプローチを取ることを可能にします。ガイド付きの調査ワークフローにより、アナリストは数秒で検知からフォレンジックへと移行することができます。統合された対応の自動化機能は、ネットワークトラフィックのデータなど、オンプレミスとクラウドからの豊富な情報とネイティブのセキュリティグループポリシーを組み合わせて、脅威を検知したらすぐに対策を講じることができます。

 Image

Quote Icon

ExtraHop Reveal(x)は、インシデントをより効率的に検知し、対応するために必要な可視性を提供することで、クラウドのワークロードに大きな価値をもたらすと確信しています。

Joe Vadakkan
Global Cloud Security Leader, Optiv

クラウドネイティブなアプローチでサイバーセキュリティに取り組む

Reveal(x) 360は、統一された管理画面から、すべてのクラウドワークロードとオンプレミスのインフラストラクチャにわたって、インサイド、ペリメーターの脅威の検知、調査、および対応を行うことができるため、ハイブリッドアーキテクチャに最適なソリューションです。AWS、Google Cloud、Azureのいずれで運用されているビジネスであっても、Reveal(x) 360は、どこにいても資産を保護できるように設計されたソリューションを提供します。

Ready to Learn How It Works?

Explore Reveal(x) 360
Demo Image

Start the Demo

Solve network latency, poor web app delivery, and more with the full product demo.

Start Demo
Free Trial