高度な脅威

巧妙な攻撃による実害を阻止

高度な脅威との本当の戦いは、エッジで繰り広げられるわけではありません。敵対者を内部から追い出す準備はできていますか?

防御側のジレンマ

受け入れがたいことに、境界では高度な攻撃者が優位に立っています。高度な知識と強い意志を持った、粘り強い攻撃者に、内部への侵入を許してしまうのです。人的ミス、サプライチェーンへの依存、論理的な欠陥、または敵対者の技術の向上は、ちょっとしたことであっても侵入の糸口となる可能性があり、世界最高レベルの防御策を持ってしても阻止することはできません。しかし、侵入は初めの一歩に過ぎません。最も高度な脅威は侵入後、ランサムウェアの実行や、貴重な顧客データと知的財産の流出といった本来の目的を達成するために、横方向に移動して痕跡を隠します。

侵入者の最期

高度な攻撃者には、実際の居場所、つまり内部で対処する必要があります。インサイダー脅威などの高度な脅威に対しては、侵害後の防御体制が求められます。ExtraHop Reveal(x)のネットワーク検知とレスポンス(NDR)を使用すると、キルチェーンをお客様に有利な方向に変えられます。NDRは完全に秘匿され、改ざん耐性も備えているため、攻撃者は手遅れになるまで追われていることに気がつきません。Reveal(x) 360は、お客様のネットワーク内を横方向に移動する侵入者の行き先だけでなく、過去の居場所も明らかにする唯一のソリューションです。数回のクリックで、検知からレスポンスまでに必要なすべての情報を過去90日間にわたって取得できます。

死角を

排除

East-West、North-South、および
暗号化されたトラフィックを完全に可視化

95%高速な

脅威検知

完全なコンテキストを持つ調査ワークフローで
アナリストの効率性を向上

84%高速な

脅威解決

脅威の侵害を阻止して
レスポンス・ワークフローを自動化

高度な脅威を
常に把握

新たな脆弱性や攻撃戦術が発見されると、当社のExtraHop脅威調査チームが重大性とお客様への潜在的な影響の究明に尽力します。適宜、Reveal(x)に検知器を迅速に展開し、90日間のレコード・リポジトリ全体の調査を開始するとともに、アクティブなネットワーク・トラフィックを捜索します。Reveal(x)が悪意のある、または異常な活動を検知した場合、リアルタイムでお客様にアラートを発し、当該アラートの調査とレスポンスを迅速に行うためのワークフローを提供します。