ExtraHopのソリューションとサービスが対応を支援できるリスクは、一般的に3種類あります。

ネットワークとアプリケーションのセキュリティ・リスク - このリスクには、データや資産の窃取、ランサムウェア、システムやデータの整合性の喪失などが含まれます。

運用上のリスク - このリスクには、アプリケーションの設定ミス、既知の脆弱性、エラー、破損したファイル、アプリケーションのパフォーマンスの問題などによって引き起こされる、想定外のダウンタイムによるビジネスの中断などが含まれます。政府や業界の規制の順守を怠った場合はコンプライアンス・リスクになり、財務的損失や事業遂行能力の喪失につながりかねません。

ブランド価値に対するリスク – 顧客データの流出を招く侵入を受けた場合、顧客の信頼が失われ、ビジネスに甚大な被害をもたらすおそれがあります。また、ユーザ・エクスペリエンスが低いためにデジタル・イニシアチブに失敗した場合、ブランド価値が大きな打撃を受け、競争上の優位性が失われる可能性もあります。

こうしたリスクの可能性、および考えられる被害を予期して軽減できるよう、ExtraHopのリスク最適化サービスは完全な可視性の実現を支援します。アプリケーションとインフラストラクチャがオンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれであっても、脆弱性とリスクに対する洞察を迅速に手にすることができます。その範囲は、ビジネスを構成するトランザクション、通信、アクティビティ、場所、資産、アプリケーション、デバイス、機器、およびシステム全体に及びます。