2020年 NDRに関するガートナー・マーケット・ガイド

エクストラホップは2年連続で代表的なベンダーとなっています

ネットワークの脅威検知・対応(NDR)は、最新のセキュリティ運用において必須の機能として急速に台頭してきており、ネットワーク検知・対応*の第2回目の年次マーケットガイドでは、この加速する市場についての洞察を提供しています。ガートナー社の主なポイントは以下の通りです:

「企業は、シグネチャ・ベースのツールやネットワーク・サンドボックスを補完するためにNDRソリューションを強く検討すべきです。多くのガートナー社のクライアントが、NDRツールが他の境界セキュリティツールでは見逃していた不審なネットワークトラフィックを検知したと報告しています。」

我々は、ExtraHopがネットワークの脅威検知とレスポンスという新たな高成長カテゴリの代表ベンダとして含まれていることを嬉しく思っています。

このガイドを読んで、NDRが混雑するサイバーセキュリティ市場でどのようなギャップを埋めると考えているのか、また、ハイブリッドおよびマルチクラウドの可視化、迅速なインシデント対応、サイバーハイジーンの強化など、主要なセキュリティ目標をサポートできるベンダーについてご理解ください。