お客様事例


輸送機器メーカー

米国の輸送機器メーカーがExtraHopでIT運用と事業運営を加速

トラブルシューティングの時間を数週間から数時間に短縮

チーム間のコラボレーションを改善

アプリケーション・パフォーマンスの一貫性の向上

始まり


地理的に分散した複数の事業が、一元化されたITインフラストラクチャに依存しており、WANやCitrixでの重要なアプリケーションの提供が低速化することが多かった

鉄道車両と外洋航行バージの北米最大級のメーカー/サービス業者であるこの会社は、12,000人を超える従業員を擁し、米国、カナダ、メキシコ、ポーランド、ブラジルの5か国で事業を展開しています。世界全体で年間5,500両の鉄道車両を製造しており、その需要は拡大を続けています。需要拡大のペースに付いていくには、可能な限り効率的に事業を運営する必要がありますが、事業がこれほど地理的に分散していると、それは必ずしも簡単な話ではありません。この課題に特に頭を悩ませているのがITチームです。会社のインフラストラクチャとアプリケーションの大半は本社外で稼働していますが、ITチームは、こうしたアプリケーションのパフォーマンスと可用性を世界中の事業にわたって保証する必要があります。リモート・ユーザは、部品システムやERPシステムといった重要なアプリケーションの遅延に絶えず悩まされており、そのため生産性と収益に悪影響が及んでいました。残念ながらITチームには、いつ、どこで問題が発生しているかを把握する方法がありませんでした。言うまでもなく、その発生源もわかりませんでした。

Quote Icon

ExtraHopのおかげで、もう時間を無駄にすることはありません。つまり、ビジネスにとって戦略的価値のあるプロジェクトに多くの時間をかけることができます。相互にメリットがあるのです。

ITセキュリティ・マネージャ
米国の輸送機器メーカー

転換


ITスタック全体にわたる、相関された、階層をまたぐ可視性をExtraHopが提供

このメーカーが必要としていたのは、階層をまたぐ、相関された可視性を実現するソリューションでした。このような可視性があれば、パフォーマンスの問題をプロアクティブに特定し、その問題が生産性に影響を及ぼす前に根本原因をすばやく特定してトラブルシューティングできます。その可視性を求めて、同社はExtraHopに注目しました。### Citrixの稼働を維持 この会社の最も重要なアプリケーションの1つは、Citrix上で北米全土の現場業務に提供されています。ExtraHopの導入以前、ITチームには、このアプリケーションのパフォーマンスとエンドユーザ・エクスペリエンスに対する限られた洞察しかありませんでした。言うまでもなく、バックエンド・サービスによる影響などわかるはずもありません。この重要な可視性を実現するため、ITチームはExtraHopと協力して正しいトラフィックがアプライアンスに転送されるようにしました。ExtraHopは、一連のカスタム・トリガを作成して特定のアプリケーションや提供メトリックをキャプチャできるようにし、チームがプロアクティブな態勢を強化してアプリケーションのシームレスな提供とパフォーマンスを確保できるよう支援しました。### DNS要求の大量発生を解消 ExtraHopを初めてデプロイしたとき、ITチームは、ネットワーク上の数百台のPCに影響しているパフォーマンスの問題のトラブルシューティングに取り組んでいるところでした。ExtraHopへのデータ・フィードを設定してから数分以内に、ネットワーク上で大量のDNS要求が発見されました。「結果として、一連のPCでインストールに使用していたPCのビルド・イメージに静的DNSホストが含まれていたことが原因でした。このイメージを持つすべてのPCが、もはや存在しないDNSホストを探していたのです。」とITセキュリティ・マネージャは言います。「ネットワーク全体で数百万件の無効なDNS要求が発生し、環境のパフォーマンスを大きく低下させていました。ExtraHopがなければ、問題の原因を突き止めるのに何日もかかっていたでしょう。原因を見つけられなかった可能性さえあります。」

成果


問題をすばやく特定・解決するためのワンストップの情報源をExtraHopが提供

洞察の加速

ExtraHopの導入以前は、トラブルシューティングと言えば、問題の原因がわかるまでデバイスやレイヤを一つずつくまなく調べることでした。これは時間がかかり、ストレスの溜まるプロセスです。「1つの問題に何日も何週間も取り組んだ結果、問題がいきなり解消されてしまい、真に正しい方向から問題にアプローチしていたのだろうかと悩むこともありました。」とITセキュリティ・マネージャは話します。「ExtraHopのおかげで、トラブルシューティングの時間を半分、場合によってはそれ以上短縮しました。もう悩むことはありません。今では問題の発生源を把握して、問題の再発を防止することができます。」### すべてが順調に機能 ネットワークからアプリケーション、仮想デスクトップまで、環境のすべての層にわたる可視性がExtraHopによって実現されたことで、IT部門内の各グループは、より協調的に業務を遂行し、遠隔地の製造工場やサービス施設の運営に支障が出る前にパフォーマンスの問題の発生源を特定できるようになりました。PCのビルド・イメージが絡む場合には、ネットワーク・チームとアプリケーション・チームがヘルプデスク(PCのビルドについて担当するチーム)と協力し、問題の原因を特定してすばやく修正することができました。「責任を押しつけ合ったり、問題の発生源を推測したりして時間を無駄にするのではなく、全員でデータを調べて問題の原因を突き止め、解決することができました。ExtraHopとは、当て推量と理解の違いです。」### 全速前進 ExtraHopを使用することで、ITチームは、問題解決ではなくIT運用の拡大・改善に集中する時間を増やすことが可能になります。「もう時間を無駄にすることはありません。つまり、ビジネスにとって戦略的価値のあるプロジェクトに多くの時間をかけることができます。相互にメリットがあるのです。」