お客様事例


Steward Health Careがワイヤ・データからの洞察でアプリケーションの問題を診断

アプリケーションの応答時間と安定性を改善し、トラブルシューティングの効率を向上

パフォーマンス・ベースラインを追跡してトレンドを作成し、変化に対応するチームを支援

医師と患者のやり取りの時間が増え、医療スタッフの満足度が上昇

始まり


Steward Health Careで医師や看護師の活動を妨げる問題が発生していた

Steward Health Care Systemは急速に成長しており、そのネットワークに含まれる病院の数は過去4年間で倍以上に増大しています。この急成長への対応以外にも、Steward Health Careでは、広範に急増するモバイル・デバイスを管理する必要がありました。こうしたデバイスには、現場の医療職員が使用する900台以上の移動式ワークステーション(WOW)から、外来診療クリニックの医師や看護師が使用するタブレットやノートPCまでもが含まれます。「当初は半接続状態の病院が6つでしたが、さらに5つの病院が加わることでITが急激に複雑化しました。」と話すのは、Steward Health Careのシステム・エンジニアリング担当ディレクタであるMat Demers氏です。全体では、Steward Health Careが提供するアプリケーションは200種類以上に及びます。そこには電子カルテ(EHR)用のMEDITECH、athenahealth、eClinicalWorksが含まれ、それらのパフォーマンスは、職員の生産性と患者ケアの品質の両方にとってきわめて重要です。「数秒で終わるべき作業に数分かかると、部門のワークフローが中断されてしまいます。看護フロアの作業には繰り返し行われるものが多いため、長時間のシフトでは、このような遅れが積もり積もって実質的に数時間になるおそれがあります。」と話すのは、Steward Health Careのエンタープライズ・インフラストラクチャおよびソリューション・エンジニアリング担当シニア・ディレクタのAdam Hanson氏です。

Quote Icon

ExtraHopのおかげでアプリケーションを待つことがなくなり、医師と看護師の時間が増えて、その分、患者と過ごせるようになっています。

Adam Hanson氏
エンタープライズ・インフラストラクチャおよびソリューション・エンジニアリング担当シニア・ディレクタ, Steward Health Care

転換


ExtraHopをデプロイすることで、ワイヤ・データに対するコンテキストに沿った洞察を獲得

Steward Health CareはExtraHopをデプロイすることで、ワイヤ・データ(L2~L7のすべてのシステム間通信)に対する重要な洞察を獲得し、パフォーマンスの問題をコンテキストに沿って確認して、すばやく把握・解決できるようになりました。### 迅速な起動と容易なメンテナンス インストールから1時間と経たないうちに、ExtraHopアプライアンスは有益で実用的な情報を提供していました。「何かを購入したものの、複雑すぎるために、スタッフが何週間もかけないと価値を引き出せないことがよくあります。」とHanson氏は言います。「しかしExtraHopは、設置プロセスの観点からはほぼプラグアンドプレイです。ここが従来の監視ツールと大きく異なる点です。さらに、ほとんどメンテナンス不要であるところも評価できます。ExtraHopのシンプルさは宣伝どおりです。」### コンテキストと相関からITの洞察まで ExtraHopにより、StewardのITチームは、報告されたインシデントをアプリケーション・デリバリ・チェーンのアクティビティに(関係するワークステーション、ユーザ・セッション、アプリケーション、サーバまで正確に)相関させ、すべてのレイヤにわたる完全な可視性を手にすることができます。「看護師が患者の医療記録を引き出す場合、一般にはあまり直接的でない通信経路が使用されます。」とHanson氏は述べます。「マウスを1回クリックすると、対象アプリケーションのコードを保持する30ほどのファイル・サーバにわたって複数のデータ・ソースが呼び出され、コードが再構成され、Citrix XenAppを介して提供されます。こうしたサーバ間通信、特にCitrix上の提供を相関できる監視ツールは他にはありませんでした。これこそが、ExtraHopを使用して本当に把握したいことです。」

成果


StewardのIT組織がアプリケーションのパフォーマンスを向上

ExtraHopから得られるコンテキストに沿った洞察により、Steward Health Careは、ITのトラブルシューティングの効率と効果を向上させました。その結果、医療スタッフのエクスペリエンスが向上し、ストレスが軽減されました。### 「明白でない」問題のより迅速な解決 Steward Health Careのネットワーク・エンジニアとシステム管理者は、平均で、毎日最大2時間を「明白でない」パフォーマンスの問題のトラブルシューティングに費やしています。すなわち、ハードウェアの障害やリソースの過剰利用に関係しない問題です。ExtraHopなら根本原因をより迅速に特定できるため、こうした職員の生産性向上に役立ちます。「私たちはExtraHopを使用して、外来診療クリニックで使われている12のeClinicalWorks EHRデプロイメントの1つで発生していた、速度低下の原因を特定しました。その原因は、データセンターでの実稼働データベースとレプリカ・データベースのラック搭載方法にありました。診断は容易ではありませんでした。私たちが確認できたのは、大量のタイムアウトが発生していて、全体的にユーザ・エクスペリエンスが低下しているということだけでした。」とDemers氏は言います。「ExtraHopは、問題解決だけでなく、再発防止に必要となる重要な情報を提供してくれました。」### 患者のための時間を増やす MEDITECHおよびeClinicalWorksのアプリケーションのパフォーマンスを高速化することで、Steward Health Careは介護士の時間を1日あたり数時間節約しています。「ExtraHopのおかげでアプリケーションを待つことがなくなり、医師と看護師の時間が増えて、その分、患者と過ごせるようになっています。ひどい時は、紙で対応してから手作業でデータを入力し直さなければならないこともありました。」とHanson氏は述べます。### プロアクティブな管理による安定性の向上 Steward Health Careは、ExtraHopを使用してパフォーマンス・ベースラインを作成し、新たなトレンドを追跡しています。これにより、IT組織は環境の変化にプロアクティブに対応できるようになります。「ExtraHopを使用して通常の状態を把握しておくことで、特定のプロトコルの特定のホスト間の通信、エラー発生率、応答時間の遅延に異常な急増があるかどうか、そしてそれがヘルプデスクへの問い合わせに相関しているかどうか確認することができます。」とHanson氏は述べます。